コーヒーを飲まないお母さんも気を付けて!授乳中のカフェイン摂取

妊婦のおなか

初めての授乳はわからない事ばかり!そんな時は助産院に相談を!

大きなおなか

授乳というものは、自分の体にあるものを赤ちゃんに与える事となる為、授乳中のママさんは神経質になる人も少なくありません。どんなものを口にすれば、赤ちゃんに良い母乳を与える事ができるのか?反対に口にしてはいけないものは何か?と気になって仕方がないという人もいます。その結果、授乳に行き詰ってしまう人も…。そんな時は是非、助産院に相談してみてください。授乳中の良いものや悪いものなどはネットでも手軽に調べることが可能です。
授乳中に避けるべきものとしてあげられやすいものの一つがカフェインです。カフェインを過剰に摂取してしまうと、母乳を通じて赤ちゃんにカフェインを送ることになってしまいます。それによって赤ちゃんが夜眠らなくなってしまったり、情緒不安定になってしまったりという悪影響を及ぼす可能性があります。しかし、調べれば調べるほど気になって神経質になってしまうことも。その結果、母乳自体出なくなってしまうママさんもいます。それでは、せっかく、調べても意味がありません。やはり、そういった悩みは専門家から直接聞く事が大切です。そこで助産院に相談に相談すると良いのです。助産院に相談すれば、いかに自分が神経質になり過ぎているか気付かされることもあります。
授乳中ということで、あれもダメ!これもダメ!と思いながらの生活はストレスしかありません。ただでさえ、初めての育児でストレスを抱えることも多いのにそれでは身が持ちません。助産院に相談すれば、どうしても食べたいものがあれば、どの程度なら食べても大丈夫かなど一人一人にあった相談を行うことができ、ストレスなく授乳を続ける事ができると思います。

ひとりひとりにあったアドバイスをくれる助産院

初めての子育て。赤ちゃんにとっても、お母さんにとっても何もかもが初めての経験で、わからないことだらけなのではないでしょうか。慣れない生活リズムが始まり、育児書どおりにいかない不安。そんな不安や心配は一人で抱えず、ぜひ助産院に相談してみてください。
赤ちゃんとの生活が始まり、最初に悩むことが多い授乳。授乳中は、赤ちゃんがおっぱいを上手に飲むことができない、体重が増えないなど心配なことが増えるお母さんも多いでしょう。そんな時、何でも相談できる助産院があると大変心強いです。
助産師さんは、赤ちゃんだけでなく、お母さんや家族全体を見て、その人にあったアドバイスをしてくれます。赤ちゃんの体重、おっぱいの指導など授乳中の問題ときちんと向き合ってくれる心強い味方です。産後は生活の変化に追われ、お母さん自身のことは後回しになっていまいがちですが、産後の体調、授乳中のおっぱいの変化など、助産師さんはお母さんの体の悩みもしっかり聞いてアドバイスしてくれるので安心です。授乳中の食事など、気になることも詳しく説明してくれるので、気軽に相談するといいと思います。授乳中に避けるべきものとしてはカフェインなどがよく言われますが、実はカフェインはコーヒーだけでなくお茶にも多く含まれているので注意が必要です。特に緑茶やウーロン茶にはカフェインが多いので、授乳中はノンカフェインの麦茶をおすすめしてくれるでしょう。
お母さんたちの気持ちに寄り添ってくれる助産師さん。赤ちゃんもお母さんも安心して産後を過ごせるように、悩んだときは助産院に相談してみましょう。

授乳の悩みは助産院に相談して解消しましょう

赤ちゃんが無事に産まれ、早速幸せな授乳をはじめたものの上手くいかず育児が辛くなる、そんなお母さんは割と多くいらっしゃるでしょう。授乳中は幸せを感じる時間、そんなのが当たり前だと思っていたのに、とショックを受けるかもしれませんが、実際には授乳中にはトラブルも多いのです。
そんな方は助産院に相談するのがおススメです。助産院というのは何人ものお母さんをみてきたので出産だけでなく授乳の悩みを解決するのにも非常に役に立つのです。授乳の悩みの多くは乳腺のつまりが原因ですが、それなら何を食べて良いのか、何が原因でそうなるのか分かりません。助産院に相談すると、昔からの知恵や経験から実に詳しく食事指導をしてくれます。良いと言われる野菜を多く食べているのに、といったお母さんたちが、気付かずに摂取していた原因を教えてもらえたりします。原因の一つとしてよく名前が挙がるのが、カフェインの過剰摂取です。コーヒーを飲まないから、と油断している方が多いのですが、実はカフェインは緑茶などにも多く含まれているのです。そこから母乳を通して赤ちゃんにカフェインが届いてしまい、赤ちゃんの吸いつきが悪くなりおっぱいが溜まり、乳腺が詰まってしまうという恐れがあるのです。もちろん他にも原因は様々ですから、助産院で相談してみるのが一番です。助産院は病院ではない分、気持ちも楽に相談ができるのも良いですね。
授乳中に悩み相談目的で病院に行くのは敷居が高く感じるお母さんも、助産院なら親身になって授乳の話を聞いてもらえます。授乳の悩みだけでなく子育てについてもアドバイスがもらえて気持ちも楽に育児をできる助産院は、出産後もお世話になれる強い味方なのです。


カフェインは過剰の量を摂取せずしっかり量を決めて飲めば身体に影響はなく、ストレスも緩和されますもし授乳中のカフェインが心配な方もしっかり量を決めて飲むことでお子さんにも影響はいかないので大丈夫です!

Information